ブルーインフラ実証実験(酒田港)へのお手伝い

国土交通省東北地方整備局酒田港湾事務所様が進めております『脱炭素や生物共生に寄与するブルーインフラ実証実験』に関する話題です。

その実証実験の内容とは、

👉酒田港内の北港船だまりを実験フィールドとして提供し、北港船だまりにおいて藻場造成による脱炭素や生物共生に資する「ブルーインフラに係る実証実験」を行う企業・団体を募集するもの。

👉海洋植物で吸収される炭素を意味する「ブルーカーボン」、ならびに水中での脱炭素や生物共生に寄与する、藻場・干潟等及び生物共生型港湾構造物を意味する「ブルーインフラ」について先駆的な取り組みを行う実証事業。

となっております。 

  ~ ~ ~

弊社では色々な企業様からお声がかかり、様々な実験用のコンクリート製品を供給させて頂いております。

今回は ㈱環境内水面資源研究所 様よりご依頼がありました『漁礁ブロック』を製造して納めさせて頂きました。

入水


海洋植物が持つCO2吸収や水質浄化といった効果があるカーボンニュートラルの実現への貢献や生物多様性による豊かな海の実現を目指した「命を育むみなとのブルーインフラ拡大プロジェクト」へのお手伝いをさせて頂きます。

↓↓↓  詳しくはこちらをご覧ください  ↓↓↓

港湾:ブルーカーボンとは - 国土交通省 (mlit.go.jp)

報道発表資料:「命を育むみなとのブルーインフラ拡大プロジェクト」 - 国土交通省 (mlit.go.jp)

コメント

このブログの人気の投稿

新年のご挨拶

鶴岡ごみゼロ大作戦

令和4年度 安全大会